HOME > 作品一覧 > ZINGNIZE

ZINGNIZE

STORY

関八州に名を馳せる盗賊・高坂甚内の元に一人の客人がやってきた。大久保長安の使者・お菊だ。彼女は江戸の街を群盗として荒らしまわる風魔一族を成敗してほしいと依頼する。甚内はこの申し出を受けるのか?
高坂甚内・鳶沢甚内・庄司甚内──江戸創世期に実在した三人の甚内たちが、歴史に隠された江戸創生期の闇を斬る!!

【前号までのあらすじ】
1603年、徳川家康は征夷大将軍に任命された。大久保長安は江戸の治安を改めるために動き出す。当時、江戸は野党と化した風魔一族により、混乱を極めていたのだ。長安の命によりくノ一・お菊は、筑波山に巣くう希代の盗賊・高坂甚内に会いに来た。風魔討伐に甚内の力を借りるためである。お菊をいたく気に入った甚内は、彼女と共に八王子にいる長安と面会し、風魔をおびき出すための一計を案じた。風魔の頭領小太郎のニセ首を晒したのだ。そして現れた刺客は、死者を蘇らせる秘術の使い手だった!!

PROFILE

わらいなく

【WARAINAKU】

わらいなく

8月28日生まれ。北海道出身。
2010年の第七回龍神賞(COMICリュウ新人賞)にて銀龍賞を受賞しデビュー。受賞作『孫市がいくさ』はCOMICリュウ2010年8月号に掲載。受賞第2作『混星王』はCOMICリュウ2011年1月号に読切作品として発表。同年6月号から2017年2月号まで『KEYMAN -THE HAND OF JUDGMENT-』を連載。アメコミテイストを盛り込んだ独自の世界観は各所で高評価を呼んだ。『ZINGNIZE』は、時代物を描きたいという、わらいなく、かねてからの想いが実現した作品だ。

CHARACTER

高坂甚内
現在の茨城県筑波山を根城として関八州を荒らしまわる盗賊の親分。鉤(コウ)と呼ばれる切っ先の曲がった中国由来の暗器を二刀流で使いこなし、七つの妖術を操る。甚内の台詞は「ン」が多用されているが、これは何かの伏線なのか。次、わらいなく先生に会う時に訊いてみます。

お菊
大久保長安に仕える忍び。高坂甚内を江戸へ呼び寄せるため、筑波山へと赴く。片足は義足。任務の失敗により膝から下を失い、失意に沈んでいたところを大久保長安に拾われた。長安に義足を与えられて以来恩義を感じ、絶対の忠誠を誓っている。


OTHERS

KEYMAN -THE HAND OF JUDGMENT- 〈第13巻〉

KEYMAN -THE HAND OF JUDGMENT- 〈第13巻〉

わらいなく/著 2017/3/13発売

ISBNコード:978-4-19950559-1
判型/仕様:B6判 定価:620円(税抜)

セブンネットショッピング amazon.co.jpで買う 本を買うなら楽天ブックス
ページトップへ